納骨の基礎知識

納骨と墓地の問題

葬儀と告別式を済ませますと遺体は火葬場に運ばれて火葬がなされます。
火葬が済みますと遺骨を骨壷に納めて仏壇や祭壇などに安置しますが、埋葬する墓地や納骨堂が決まれば「納骨」します。

 

一般的には葬儀の後は暫くは骨壷に入った遺骨は自宅の仏壇などに安置して49日の法要か1周期などの法事の時に墓石の下に骨壷ごと納めます。

 

現在の日本は火葬がほとんどですので遺骨を埋葬するのですが、大部分が仏式で定められている方法に従って葬儀を行ったあとで火葬した遺骨をお墓に納骨を方法がとられることが多くなっています。

 

日本の法律では亡くなられてから24時間以上を経過しませんと火葬も埋葬もできないと定められておりますので納骨はその後になります。

 

仏式の法要では通常は亡くなられてから49日間は御霊が浄土と現世の中間の世界にさまよっていますので49日の法要が終了してからか「百か日もしくは1周忌」に納骨をします。

 

通常はお墓を持っている場合には49日の法要のあとに、そのままお墓に納骨しますが、お墓が決まってない場合には、ゆっくりと墓探しを行なって墓石を注文してから100日目や1周忌などの法要時に納骨します。

 

墓石を注文してから出来上がる迄には通常は1〜2ヶ月ほど考えておく必要が有りますので49日に間に合わせようとする場合には石屋さんと彫刻する文字や時間についてしっかり確認する必要があります。

 

墓地をお持ちでない場合には、無理に49日に間に合わせえようと焦るよりは、墓地の選定は大切なことですので充分に時間をかけて適切な墓地を探すことが重要です。

 

 

初めての方に必要な知識

初めての身内の方が他界された場合には葬儀から埋葬までの手順などは誰も知りませんので戸惑うことがあります。

 

そこで、一般的に行われている仏式における法要から納骨までの流れについて説明します。

 

どなたかがお亡くなりになった場合に、喪主が初めに行なうべきこととして菩提寺に連絡をして寺院とつながりのある葬儀社を紹介してもらうと良いでしょう。

 

菩提寺とは代々の法要を営んできた寺院のことを指しますが、もし菩提寺がない場合には先にインターネットなどで自宅の周辺の葬儀社で長く営んでいて信用がおけそうな所に連絡をします。

 

もしくはインターネットで葬儀についての相談所を探して信用のおける葬儀社を紹介してもらうことも良いでしょう。

 

葬儀社が決まれば、彼らは葬儀から埋葬までの専門家ですので分からないことを聞いて教えてもらうと良いでしょう。

 

しかし、遺族として葬儀をしきる以上は全体の流れについて基礎的な知識は知っておくべきでしょう。

 

第一に「法要の場所の選定」がありますが一般的には自宅に住職に来ていただくか寺院の施設で行います。

 

第2には葬儀社と寺院との「法要から納骨までの日程」を調整しますが49日などの日程は都合が悪い時には前倒しすることは許されます。

 

第3には「墓石の注文を石材店に注文」しますが、墓石に彫刻する文字などを決定しておくと早く完成します。「出来れば寺院から関係する石材店を紹介してもらうと納骨もスムーズに出来ます。」

 

 

お勧めサイト

ビジネス英語もなんのその!自力で完全攻略
http://www.listenillinois.org/

 

グローバル化したビジネス社会では、英会話は必要な能力です。
そんなビジネス英語の勉強法や覚えておくべきことをまとめてあるサイトです。

 

 

健康まつげと不健康まつげ
http://www.otla.org/

 

私たちのまつげには健康なまつげと不健康なまつげがあり、不健康なまつげを
健康にする方法を教えてくれているサイトです。